人気の形態

jyuku04

学習塾といっても対象年齢や形態は様々で、資格を生かしてそういった塾で働きたいと考えている人もいるかもしれません。
最近の塾は、少子化で少なくなった子どもを、いかに惹きつけるかの工夫でしのぎを削り、淘汰の時代になりました。
一方で、カリスマ塾講師などがメディアを騒がせたことも記憶に新しく、塾で働いて高収入を得るということも現実には起こっています。
働き始めるにあたって、まず、自分がどのような形態の塾に向いているか見極める必要があります。

学習塾にも「個別指導塾」や「一斉指導塾」があるからです。
個別指導塾はマンツーマンで行う、現在人気の形態です。
家庭教師と違う点は、子ども自身が出向いてくる点です。
教材やテストなどは一斉指導塾同様用意されており、机に並んで1体1で勉強するのが一般的です。
マンツーマンなので、宿題も確実にやってこなければならず、勉強に前向きな子どもが通ってくることが多いので指導しやすいようです。
一斉授業塾は、個性もばらばらな大勢の子どもが相手となるので、ある程度のスキルが必要になります。
教職の経験があると楽なのでしょうが、子どもに人気があるのは、やはり若い講師です。
年配の退職教員では子どもの心をつかむのは難しいかもしれません。
それでも教えることを天職と感じている、やる気のある講師は引っ張りだこです。
収入も大切ですが、生き甲斐と誇りを感じる職場であれば、途中で挫折することなく長く働くことができるはずです。

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031